西海の灯台 近畿の灯台 江埼・立石埼・経ヶ岬・旧堺港


 1994年11月3日、3泊4日の旅に出た。中国道を東へ、吉川(きっかわ)ジャンクシ
ョンから、舞鶴道を北へ、舞鶴から宮津へ向かう。明治27年建造の宮津カトリック教会に立
ち寄ったのち、若狭湾を右手に見ながら、丹後半島の突端にある経ヶ岬へ向かう。

 すでに秋の夕暮れが迫っている。経ヶ岬灯台は日本海に向かって立っていた。やがて、日が
沈み空が茜から紫に変わる頃、灯台に灯りがともる。

 翌4日は、若狭の海を左手に見ながら、国道27号線を東へ向かう。途中、加斗トンネルで
タイヤがパンク、タイヤ交換をしようとするが、車輪と車軸が錆付いてタイヤがはずれない。
小浜のガソリンスタンドへ連絡をとり、無事タイヤ交換を終えるが、大幅なロスタイムが発生。

 小浜にある明治30年建造の聖ルカ教会をたずね、敦賀湾沿いに北上して立石碕へ向かう。
このあたりは原発が多いが、美しい風景とは違和感がある。

 立石崎灯台は、半島の突端の山の上に立っていた。古びた門柱や瀟洒(しょうしゃ)な風格
の石造りのこの灯台は、明治14年(1881)の建造、110余年の風雪にさらされて、航
路の安全を守ってる。

 その後の2日間は、北陸道から名神道をへて明治村の近代建築などを見、伊賀上野、奈良に
立ち寄って帰宅したが、生涯忘れられない旅のひとつとなった。

todai-esaki.jpg (51151 バイト)
淡路島の北端に立ち、明石海峡を見守る江埼灯台
   

todai-kyogamisaki.jpg (40841 バイト)
丹後半島の突端、経ヶ岬の夕暮れ
todai-tateisi.jpg (51747 バイト)
西海のぎりぎり東の端、立石崎灯台


旧堺港灯台は明治10年建造で、現存する最古の木造灯台。03.9.16
壁紙 1024×768