西海の灯台 西九州の灯台 口之津・戸馳島・大瀬埼・三角


todai-kutinotu.jpg (61017 バイト)
    口之津灯台とフェリー、どこか西洋的な風景。

todai-tobase.jpg (72158 バイト)
三角町の蔵々瀬戸に立つ戸馳島灯台。

todai-osezaki.jpg (61593 バイト)
    福江島の西南端、東シナ海を望む大瀬埼灯台。
   

todai-misumi.jpg (70397 バイト)
カメラをセットして船の通過を待つ。
(1994/6/4 熊本県三角ノ瀬戸にて)

  熊本県の八代海には、明治期に建造された灯台・灯標が4基ある。

  八代海の入り口・長島海峡にある戸島灯台(明治30年・石)、その北にある上的島灯台(明治
  30年・石)、八代海の北端・三角港付近に戸馳島灯台(明治31年・石)と寺島灯標(明治3
  1年・石)である。ほぼ同時期に建造され、海の風景を豊かなものにしている。

  三角港からは対岸の島原外港へフェリーが出ている。三角ノ瀬戸をぬけて島原湾を横切り対岸ま
  では1時間、天気がよければ快適な船旅が楽しめる。

  島原半島の南端・口之津町の土平埼には、明治13年(1880)建造の口之津灯台が立ってい
  る。煉瓦造りであるが、白く塗装されているため、一見するとコンクリートのように見える。

  口之津と天草上島の鬼池間には国道フェリーがあり、天主堂的な雰囲気を持った灯台とフェリー
  との取り合わせは、どこか西洋的である。