西海の燈台 山陰の燈台 角島・出雲日御碕・美保関

todai-tunosima.jpg (88028 バイト)      ブラントンの遺産

鳥取県から山口県にかけての日本海沿岸には明治期に建造された燈台が4基ある。山口県豊北町の角島(つのしま)燈台、浜田市の馬島燈台、島根県大社町の出雲日御碕燈台、そして島根県美保関町の美保関燈台である。

馬島は定期船がないため行きそびれているが、美保関へ2回、出雲日御碕へ3回、角島へ10回ほど訪ねている。

出雲日御碕燈台は、地上から高さが43・7mで日本一ののっぽ燈台である。高さだけでなく、形のよさ、周囲の自然景観を含めて日本一の燈台であろう。

ここは島根県の主要観光地で、訪れる人が多い。美保関も出雲日御碕と並んでよく知られた燈台であるが、角島の存在はほとんど知られていない。

角島へは豊北町の特牛(こっとい)港から定期船が出ている。角島と本土との間の海士(あま)ヶ瀬戸では、総延長2キロの角島大橋が2001年末の開通をめざして工事が進んでいる。

角島燈台はイギリス人技師ブラントンの設計によるものであるが、ブラントン設計の他の燈台とは形態と高さが大きく異なっている。石も塗装をせず、自然石のままの色をしていて、ブラントンの燈台の中では異色である。

  浜昼顔の咲く角島燈台の海辺

燈台・日御碕.jpg (45301 バイト)todai-izumo.gif (8965 バイト)
 日本の燈台の中で最も美しい出雲日御碕燈台

todai-mihonoseki.jpg (63032 バイト)








todai-miho.gif (3108 バイト)

 陽光に映える美保関燈台