西海の灯台 四国の灯台 叶(かなえ)埼・佐田岬・室戸岬・足摺岬

todai-kanoh.jpg (66815 バイト)todai-sikokusata.jpg (57608 バイト)
   傾いた夕陽に赤く染まった崖の上に立つ叶埼灯台  佐田岬の先端に立つ。

todai-muroto.jpg (58744 バイト)todai-asizuri.jpg (62206 バイト)
  第24番札所最御崎寺のある山の上に室戸岬灯台   美しい足摺の海、白亜の足摺岬灯台


       北九州から四国へ渡るには、いくつかのルートがある。小倉から松山へ、
      山口県の柳井から松山へ、三原から今治へ、大分県の佐賀関から三崎へ、
      そして瀬戸大橋経由で。

       その他にもルートがあるが、三原から今治へのルートが最も変化に富ん
      でいて面白い。やがて、四国連絡橋の今治ルートが開通すると、このルー
      トは廃止されるか、便数が激減するかもしれない。

       四国へ行く目的は、その時々で異なっていたが、最初に本格的に四国を
      撮影したのは1994年で、目的は灯台と西洋館であった。それからしば
      らくは、この二つを目的に四国へ通ったが、1997年からは、札所や遍
      路道の石仏を撮影するために、年に2,3回、四国へ渡っている。

       今では、石仏を中心に、灯台、西洋館、巨樹、鉄道などを組み合わせて、
      撮影計画を立てている。こうして、パソコンに向かっていても、四国の風
      物が浮かんでくる。種田山頭火ではないが、また近いうちに、「ひょいと
      四国へ」行こう。