灯台への道 観音埼灯台 神奈川県横須賀市 2017/10/24  EOS 7DU


観音埼灯台へは一度来ているが、映画のロケ地という視点で撮影した。
建築として観音埼灯台を撮りたいと思ってやって来たが、台風通過後の風雨の強い天気だった。

県道から、海上自衛隊観音埼警備所(ここには砲台跡があるが立ち入りができない)の西側にあるトンネルを抜けて海岸沿いの道を進む。
天気がよければ気持ちのよい遊歩道であろうが、観音埼灯台2代目の落下した灯塔を撮影し、風から逃げるように観音埼灯台への坂を登った。
坂を登りつめたところに灯台への入口がある。



県道から海岸への隧道内部。岩を掘削した素掘りの隧道だった。


隧道出口。


落下した観音埼灯台2代目の灯塔の一部が波打ち際に残っている。
初代の灯台は煉瓦造りで1968年に完成したが、地震で亀裂が入ったため取り壊した。
1923年にコンクリートで再建したが、関東大震災により6か月後に崩壊した。その時に落下したものが90年以上経っても残っている。


現在の灯台は3代目で、1925年に再建され現在に至っている。


かつて使われていた機器が保存・展示されている。左から、日時計台、灯ろう、霧信号吹鳴器。


灯塔のらせん階段。


このレンズの光達距離は35km。