灯台への道 金華山灯台 宮城県石巻市 05/11/2 *istD/16-45



   


金華山は牡鹿半島の南端の沖にあり、鮎川港、女川港から定期船で、それぞれ20分、30分で金華山西岸に着く。

標高445mの「金華山」、東岸の「千畳敷」、灯台のある「鮑荒崎」などへの遊歩道が整備されている。今回は、金華山灯台を見るのが目的だったので、西岸沿いの道を進んだ。灯台までは車が通れるくらいの幅があり、片道約5.5km、約80分の快適な散歩道だった。

道は平坦で、松林越しに右手に海を見ながら進む。約1時間歩くと南端の「東の崎」で、松林が途切れてぱっと明るくなる。ここから灯台ま約20分。金華山灯台は、イギリス人技師ヘンリー・ブラントンの設計で、明治9年(1876)建造の石造りである。

港で海産物をおみやげに買い、黄金山神社にお参りして帰りの船に乗ったが、大満足の旅だった。

   牡鹿半島金華山へようこそ潮風商店のサイト
   潮風商店で買った海産物がとてもおいしかった

   

鹿たちに見られながら進む。

山すそに道が造られ、すぐ下は断崖で松林越しに海が見える。


   


   


黄金山神社の常夜灯と本殿。


エサをもとめてウミネコが船に寄って来る。