フォトギャラリー 竜飛崎 青森県小泊村  05/10/23 *istD DSC-F828


竜飛崎は津軽半島北端の岬。青函トンネルの本州側の入口であり、太宰治の小説「津軽」や石川さゆりの「津軽海峡冬景色」が旅情を誘う。
そして、岬の先端に竜飛埼灯台がたっている。


雄大な竜飛崎の夕暮れ。彼方に北海道の山並みが見える。



国道339・龍泊ライン眺瞰台から見た竜飛崎。左が灯台、右へ風車の列。


竜飛埼灯台は1932年建造。



「津軽海峡冬景色」の歌碑。後方の島影は北海道。
中央の赤いボタンを押すと、石川さゆりの歌声が流れる。