フォトギャラリー 瀬戸内の灯明台

 

■旧野崎浜灯明台 2014/5/19 PENTAX K20D
岡山県・瀬戸大橋線児島駅の東200mくらいの海岸に、文久3年(1863)に建てられた木造の灯明台がある。
かつて、このあたりは野崎浜と呼ばれる塩田地帯で、塩の積み出しを行う船着場であった。


■旧波止浜灯明台 2014/5/20 PENTAX K20D
愛媛県今治市波止浜港の船着場に嘉永2年(1849)に建てられた石造りの灯明台が保存されている。
船の出入りを監視する御番所に建てられたものであるが、明治35年(1902)に現在地に移築された。