寅さんが歩いた風景 第16作 葛飾立志篇 山形県寒河江市、静岡県沼津市

東北から上京してきた女学生・順子(桜田淳子)は、寅さんに会うなり「お父さ
ん」と呼んで仰天させるが、これはかつて寅さんが順子の母にいくばくかの経済
的援助(ときどき500円送金)をしていたための誤解だった。

順子の母は、学問がないため男にだまされ、それを嘆きつつ他界した。寅さんは
順子の母の墓参りに行き、寺の住職から学問の尊さと大切さを説かれ、寅さんは
すっかりその気になる。

折から、″とらや″には御前様の親戚で考古学者をめざす礼子(樫山文枝)が下
宿した。寅さんは、礼子に勉強を教えてもらい、楽しい日々が続く。礼子は、五
十歳を過ぎても一人暮らしを続けている学者の田所(小林桂樹)を恩師として慕
っていた。

田所は礼子に好意を寄せていて、礼子に結婚を申し込む。結婚をするか、考古学
の道をあゆむか、礼子は悩んだ末に、考古学の道をあゆみたいと、田所に結婚を
断る。礼子に対して、ともに失恋した田所と寅さんは旅に出る。

16-post.jpg (77838 バイト)


<田所から礼子への求婚の手紙>


ひとり静かにもの思いにふける時
私はこれまでの生活を思い浮かべる

あゝ どんなにか多くを求めて
失敗を重ねて来たことか
苦い経験 無駄に費やした時間ばかりが
思い出され
私の胸は悲しみに閉ざされ
涙が溢れてくる

だがそのような時
君のことを想えば
おゝ 愛する君よ
私の心は慰められ
悲しみは消えてしまうのだ

礼子 君

田所

 

 ■山形県寒河江市 01.5.30 関連ページ古寺巡礼/慈恩寺

  修学旅行で東京へ来た女学生・順子に、順子の母が亡くなったことを告げられる。
  しばらくして、寅さんは順子の母の墓参りに行き、「朝(あした)に道を聞かば、夕べに死すとも可なり」と、
  学問の尊さ説く住職の言葉に感動しながら、夕暮れの道を帰って行く。

  ロケが行われたのは慈恩寺。
    746年の開基で、国指定重要文化財の本堂をはじめ、三重塔、薬師堂、仁王門などが立ち並び、
  東北地方を代表する古刹である。
  住職と寅さんが会話した寺は慈恩寺の華蔵院で、通りからすぐに石段がのびていて、右手に大きな
  木が立っていたが枯れたのか切り株になっていた。


    16-hazouin.jpg (82507 バイト) 16-nioumon.jpg (89539 バイト) 16-hondou.jpg (80697 バイト)
    
石段下から見る華蔵院。寅さんは仁王門の前をとぼとぼと歩く。江戸初期に建造された本堂。

 ■静岡県沼津市 02.9.25

  ラストシーン。田所教授と寅さんが海沿いの道を歩いている。
    正月の客でにぎわうはなやかな港。海のむこうには富士山が見えている。ふたりは船に乗る。

  ロケが行われたのはあきらかに西伊豆。連絡船が出ているのは、大瀬崎と三津浜。
    大瀬崎のロケ地を探索した人の記事を読んだが、大瀬崎にはそれらしい場所はなかったとのこと。
    したがって、三津浜の可能性が高い。

  三津浜に着いたときは日没後で、しかも曇り。
    富士山の位置は確認できなかったが、港の地形は映画で見たものとよく似ていた。

   16-mituhama.jpg (83254 バイト)
   夕暮れの三津浜の港。