寅さんが歩いた風景 第19作 寅次郎と殿様 愛媛県下灘駅、大洲市内 2000/2/15取材

 満男の節句の鯉のぼりのことでもめて、柴又を後にした寅さんは、愛媛県大洲で
ひとり旅の女性(真野響子)と知り合う。

 翌日、寅さんは大洲城址で時代劇調で話す老人と出会い、妙にウマが合って仲良
しになるが、老人は大洲藩十八代目の当主・藤堂久宗(嵐寛寿郎)。寅さんは、殿
様の家に招かれる。

 殿様は、息子と鞠子という女性との結婚に反対したが、鞠子に会ってあやまりた
いという。殿様は、寅さんに、鞠子探しを依頼し寅さんは気軽に引き受けてしまう。

 やがて、殿様が突然、「とらや」をたずねてき
た。それから数日後、寅さんが大
洲で知り合った女性が訪ねてきた。意外にも、彼女こそ殿様が探していた鞠子だっ
た。殿様は、亡き息子の思い出話に花を咲かせ、大洲へと帰っていった。

 数日後、殿様の手紙を持って執事(三木のり平)が「とらや」に現れた。手紙に
は、鞠子を大洲にひきとり、寅さんも一緒に暮らしてほしいと書かれていた。だが、
鞠子の答えは、会社の同僚との結婚を予定している、というものだった。

19-post.jpg (84203 バイト)

   この映画で忘れられないシーンがある。
     殿様と鞠子は「とらや」で会い心が通じ合う。
     夕暮れが迫る江戸川堤を、鞠子に手を引かれて殿様が帰っていく。そ
     れを見送る寅さんとさくら。一幅の絵を見るような素晴らしい映像だった。


 ■予讃線下灘駅


19-simonada.jpg (135324 バイト)冒頭のシーン、「鞍馬天狗」の夢からさめた寅さんは、予讃線下灘駅のベンチの上。

駅員に「列車がきますよ」と起こされる。ベンチのむこうはすぐ海で、おだやかな伊予灘が広がっている。

おとずれたときは、寒気の到来で海は荒れ、海から強い風が吹いていた。松山へ通学しているのであろうか、高校生が、車で送られて駅へ集ってきた。

 ■おはなはん通り

19-ohanahan.jpg (96017 バイト)
亡き夫の墓参りを終えた鞠子は町をぶらつく。
それが、おはなはん通り。

NHKドラマでおなじみの「おはなはん」が生まれたとろ。
100mくらいの通りの両側は、明治の家並みで、壁のはげおちた土蔵などが残っている。あまり手を入れていないので風情がある。


 ■肱川(ひじかわ)河畔

19-hijikawa.jpg (87392 バイト)
鞠子は夕暮れが迫る肱川河畔に立って、ぼんやりと川面をながめる。

肱川は鵜飼いで知られている。鵜飼いのシーズンは6月から9月。シーズンオフのこの時期は、鵜飼い船や観覧船が岸に引き揚げられていた。

 
■大洲城址

19-siroato.jpg (190200 バイト)宿で鞠子に出会い鮎の塩焼きをごちそうし、川魚の佃煮をおみやげにもたせた寅さんは、翌朝大洲城址へやってくる。

領収書を見ながら塩焼きと佃煮の値段の高さをぼやく。そして、財布の中を調べている時に500円札を風に飛ばされる。

風に飛ばされた500円札を老人が拾う。寅さんは、殿様のような口調の老人に、ラムネとあんぱんをごちそうする。

鮎の塩焼きが600円、川魚の佃煮が1500円。1977年当時としては、特に寅さんにとっては、かなり高価なものであったに違いない。

大洲城址はロケ当時と変わりはなかったが、寅さんと殿様が出会う道は舗装されていた。今、天守閣の復元計画が持ち上がっている。

  大洲城址。右下は肱川、正面は冨士山(とみすやま)。

    [余談]  大洲城址のトイレは、まわり風景にマッチするようになまこ壁風に造られ、内部もきれいに
        清掃されていた。ところが、入口にこんな貼り紙があった。
         
最近、このトイレにおいてペーパーの盗難が多発しています。不審
         な人物を見つけた時は、ご通報願います。大洲市役所、大洲警察署

        この貼り紙を見て実にがっかりした。


 ■南隅櫓付近

19-minamisumirou.jpg (198492 バイト)殿様が、「粗餐(そさん)をさしあげたい」と言って寅さんを自宅へ招く。

それが、現在の加藤家。すぐそばには、重要文化財の南隅櫓がある。

鞠子に失恋した寅さんは、再び大洲をたずねる。殿様は寅さんをはなそうとしない。逃げる寅さんを、執事とおまわりさんが追いかける。
  正面に加藤家、その向こうに大洲城址の櫓、右に南隅櫓。