寅さんが歩いた風景 第20作 寅次郎頑張れ!

 寅さんの部屋に、長崎県平戸島から上京し電気会社の作業員をしている青年・良
介(中村雅俊)が下宿した。良介は近くの食堂で働く幸子(大竹しのぶ)に恋心を
抱いていた。それと知って寅さんは、デートを設定し良介に恋のコーチをした。

 デートは失敗に終わるが、あきらめきれずプロポーズ。折悪しく幸子は、田舎の
母が急病で帰郷する寸前で、良介の言葉に返事をする余裕がなかった。それを失恋
と思い込み、良介はガス自殺を図り大爆発を起こし、平戸島に帰ってしまった。

 良介を心配して平戸島に出かけた寅さんは、そこでみやげもの屋をしている良介
の姉・藤子(藤村志保)に紹介されて一目惚れ。例によって過剰気味の世話やき、
手伝いがはじまった。

 そんななか、田舎から帰った幸子が、良介を好きだったと、さくらに告白したの
だ。良介は藤子とともに東京へ向かった。良介と幸子の結婚話はトントン拍子に進
んだ。しかし、寅さんの藤子への思いは実らなかった。

 正月を迎えて、幸子は良介に連れられて平戸島を訪れた。そのころ、寅さんは旅
先でなつかしい旅回りの一座と再会、屈託のない笑い顔を見せていた。

20-post.jpg (76283 バイト)

20-hamao.jpg (149845 バイト)寅さんは、失恋したと思いこみ平戸へ帰ってしまった良介をたずねる。平戸島へ渡る前に、手袋をバイするのが浜尾神社。

映画では、バイしたあとに平戸島へ船で渡るので、本土の神社という設定であるが、実際には、平戸市の中心街から北へ4kmほどの海岸沿いにあった。

浜尾神社は、海に向かって立っていて、波打ち際まで石段がのびている。海からの神を送り迎えするためであろう。

寅さんがバイしたのは、右手の灯籠のあたり。写真で見ると結構広く見えるが、実際には狭いスペースなので、高羽哲夫カメラマンは苦心されたことだろう。

ロケが行われたのは1977年で、この年の4月に平戸大橋が開通している。

ロケは秋と思われるので、ロケ時点では橋は開通していたが、寅さんはフェリー風の船で平戸へやって来る。船で渡る方が情緒があっていい。
   田助漁港の守り神・浜尾宮(99/9/29)

20-matuura.jpg (218703 バイト)
「御館」の石段からおみやげ屋「おたち」を
望む。正面は、平戸港と平戸城(99/9/29)
 20-otati.jpg (118555 バイト)
 松浦史料博物館前のおみやげ屋「おたち」(99/9/29)

 良介の姉藤子は、松浦史料博物館の石段の前でおみやげ屋
 を経営している。店のなまえは「おたち」。平戸では、坂
 をのぼりつめたところにある建物を「御館」(おたち)とよ
 んでいる。この地では、今は松浦史料博物館となっている
 松浦家住居をさしている。

 店は美しく改築されていた。奥さんの話によれば、雨漏り
 がひどくなり7年前に改築したとのこと。前の道路も1年
 前に改修され、ピカピカの舗装道路になっていた。ロケ当
 時の面影は全くなかった。

 おみやげに、カスドースを買った。ポルトガル船によって
 もたらされた南蛮菓子で、短冊に切ったカステラに卵黄を
 まぶし、糖蜜揚げにしたものである。

20-orandabasi.jpg (143324 バイト)藤子の家に泊まりこんで店の手伝いをする寅さんが、おみやげを仕入れて帰ってくる。

自転車に乗って、「憧れのハワイ航路」を高らかに歌いながら、幸橋(オランダ橋)の前を左から右へと走る。

   平戸港にかかる幸橋は、国指定の重要文化財(99/9/29)

20-jiintokyokai.jpg (161834 バイト)20-kyokai.jpg (103931 バイト)
   平戸を代表する風景。
 1999年10月、ザビエル渡来450年を迎える平戸カトリック教会(99/9/29)


    日曜日のミサに藤子と一緒にでかけ、その帰り道、二人が通りかかるのがこの坂道。有名な「寺院と教会の
    ある風景」で、平戸を代表する風景としてよく知られている。

    そのときの寅さんと藤子の会話。

      藤子  「今日は教会にいっしょに来てもろて、どうもありがとう」
      寅さん 「いいえいいえ、とんでもないですよ。しかし、日曜の朝の教会でお祈りするってのは、
           何だか気持ちがすっきりしていいですね」

      藤子  「じゃあ今度の日曜日もいっしょに来て下さる」
      寅さん 「えっ、 い、いいですよ」

      藤子  「そんなら、それまでこの島におって下さるとですね」
      寅さん 「え、ええ、俺どうせ暇ですから」

      藤子  「ああ、よかったぁ」
      寅さん 「し、しかし、そんなに長い事お邪魔したんじゃご迷惑じゃないですか」

  
    藤子  「どうして?そんなことなかとですよ。私はね寅さん、口べたで思うとることがうまく
           伝えられんばってん、寅さんが来てくれたことば、どんなに感謝していることか。こ
           れも神様のお引き合わせよ」
  
    寅さん 「わたくしも何となくそんな気が…」   


[寅さんが歩いた風景]