寅さんが歩いた風景
  
第31作 旅と女と寅次郎 新潟県出雲崎町、小木町
01.6.1取材
CAMEDIA E-100RS

寅さんは、新潟の出雲崎から一人の女性と漁船に便乗して佐渡へ渡る。実はこの女性、演歌の大歌手・京はるみ(都はるみ)、失恋の痛手と過密スケジュールに耐えられず、新潟公演の途中で失踪 してきたのだった。

宿根木の民宿で、おばあちゃんから彼女が京はるみであることを知らされるが、寅さんは気付かないふりをして、佐渡で楽しい時間を過ごす。小木の港の食堂で休憩をしているときに、プロダクションの社長一行が追いかけてくる。はるみは、寅さんと別れて東京へと帰って行く。

寅さんが柴又へ帰ってきてしばらくして、はるみがとらやをたずねてくる。スターを
一目見ようと店の前は黒山の人だかり。はるみは、別れた相手ともう一度やり直す、
と寅さんに打ち明ける。

はるみからもらった招待券を博とさくらに渡し、寅さんは北海道へ旅に出る。羊蹄山のふもとでは、夏祭りの準備が進んでいた。

 31-post.jpg (69564 バイト)


ロケが行われたのは1983年。都はるみが、小木港の山本屋みやげ店に残した色紙には、「浪花恋しぐれ」と書かれていたから、この曲がヒットしていた年なのだろう。

映画の中で京はるみは持ち歌を2曲歌う。1曲は、とらやの裏庭で歌う「アンコ椿は恋の花」。もう1曲はコンサート会場での「おんなの海峡」〜別れることは死ぬよりも、もっと淋しいものなのね〜と切々と歌う。そして、寅さんが羊蹄の町をさっそうと歩く 場面でこの曲が流れ、心にしみるラストシーンとなった。

 31-sikisi.jpg (26869 バイト)
  山田監督の色紙もあった

都はるみは35歳。この頃は歌を崩さずに歌っていて、好ましく思えた。
この1年後くらいに、「夫婦坂」をリリース後一時芸能界を引退した。

 ■ 出雲崎 03.5.16取材

寅さんは、良寛堂の石碑の前で商売をするが全く
売れない。寅さんは港へ向かい、佐渡島へ帰ると
いう漁船に、はるみといっしょに便乗する。


晴れていれば、お堂の向こうに青い海と
佐渡島が見える

寅さんとはるみが漁船に乗った赤灯台付近

 ■ 佐渡へ

    寅さんは出雲崎の港から小さな漁船で佐渡へ渡ったが、筆者は新潟港から両津行きのフェリーで行った。
    佐渡までフェリーで2時間20分。漁船だと、どれくらいかかるのだろうか。

    31-niigata1.jpg (111354 バイト) 31-niigata2.jpg (82764 バイト)
    ここは信濃川の河口、港の奥には、寅さんも歩いた万代橋が見えている。
    フェリーの横を漁船らしい船が走っていた。

 ■ 矢島・経島

31-kyoujima.jpg (90563 バイト) 寅さんとはるみを乗せた漁船は、矢島と経島にかかる赤
いアーチ橋をくぐって、港へ入ってくる。寅さんは船酔
いでふらふら。

はるみが、「きれいなところね」と京なまりで言う。
アーチ橋から中に入ると波もなく穏やかで、海は青く澄
んでいる。


ここには、観光用のたらい舟がある。菅笠にかすりの着
物姿の女性が、たくみに櫓を使って、岸から赤いアーチ
橋のあたりまで漕ぎ出す。

 ■ 宿根木 関連ページ小木町/宿根木

31-syukunegi.jpg (90319 バイト) 宿根木のおばあちゃん一人で切り盛りしている「田
吾作」という民宿に、寅さんとはるみは泊まる。

寅さんは自分が何者であるかしゃべるが、寅さんは
はるみの素性を聞こうとはしない。これが、寅さん
のやさしさ。

お酒を飲みながら二人で歌うのが、「矢切の渡し」
寅さんは、はるみの歌のうまさに「銭がとれるよ」
とほめる。

宿根木は、1991年に重要伝統的建造物群保存地
区に指定されたが、そのためか、ロケ当時に比べ、
建物の外壁がきれいになりすぎていた。

 ■ 沢崎鼻

sado-sawazakihana.jpg (148771 バイト) 宿根木の民宿に泊まった翌日、寅さんとはるみは海岸を散歩する。散歩道にはキバナカンゾウの花が咲いている。

二人は、磯遊びではしゃぐ。そして、はるみが佐渡おけさを歌い、寅さんが合いの手を入れる。

寅さんは左手の崖の上に座り、はるみは向こう岸に立って、こちら岸にいる地元の人たちといっしょに歌う。

ロケ地は佐渡の最南端・沢崎鼻。海底火山の溶岩が噴出して固まった岩は歩きにくい。岬には、昭和3年建造の灯台が立っている

はるみ 「寅さん、いつもこんな風に旅してんの」
寅さん 「おぉ、風の吹くまま気の向くまま、好きなところへ
     旅してんのよ。まぁ、銭になんねぇのが玉にキズだ
     けどな」

はるみ 「そんな人生もあるのね。あしたは何をするか、あす
     にならなきゃ決まらないなんて、いいだろな」

31-kibanakanzou.jpg (40800 バイト)
はるみはこのキバナカンゾウ
の花を持って「砂山」を歌う。
壁紙 大野亀のキバナカンゾウ

 ■ 小木港

    寅さんとはるみが、小木港の食堂でビールを飲みながら、これからどうするか相談をしているところへ、
    プロダクションの社長ご一行が現れる。明日の博多公演に間に合うよう、今日中に東京に帰ってほしい
    と説得され、はるみは寅さんと別れる。寅さんは、うっかりして、自分も乗るはずだった船を見送る。

    31-yamamotoya1.jpg (121035 バイト)       31-yamamotoya2.jpg (66386 バイト)
    山本屋。室内シーンはセットで撮影されたようだ  はるみがのぞいた窓。

    当時は手前に建物がなく、窓からフェリー発着場が見渡せた。
    佐渡汽船フェリーの発着場は、東側の新しい埠頭へ移動していた。

     山本屋をたずねると奥さんが出てきた。
     「ここはロケに使われた店ですね」と話しかけると、ロケ当時のことを色々と話してくれた。
     「渥美清さんは、あまりまわりの人と話をしなかった」
     「歩くのがきつそうで、少しの距離も車で移動していました」
     亡くなる10数年前であるが、この頃から体調が悪かったのだろうか。