在自山

あらじやま
標高249m

 神社の本殿右手から奥の院へ通じる道をのぼる。右
 下には、白川郷などから民家を移築した民家村の茅
 葺の屋根が見えている。

 奥の院を過ぎると勾配がきつくなる。20分ほどで
 宮地山に着く。このあたりは展望がきかないが、こ
 こから在自山への途中では展望のきく所がある。

 また、在自山頂から反対方向へ5分ほど下った所に
 展望所があり、津屋崎から新宮へかけての海岸線が
 一望できる。
             

  福津市。    CAMEDIA E-100RS (2001.3.9)

 宮地嶽神社にある樹齢100年以上の寒緋桜は3月
 上旬に見頃をむかえる。地図を見ると、神社の背後
 には、宮地山と在自山というふたつの山があった。

 神社の境内に車をとめて、奥の院、宮地山を経て、
 在自山まで約40分。


  araji-jinjya.jpg (101167 バイト)  araji-minka.jpg (86457 バイト)
  寒緋桜が5分咲きの宮地嶽神社、後方は宮地山。 民家村に保存されている「くど造り」民家。

  araji-miti.jpg (105743 バイト)  araji-santyo.jpg (77474 バイト)
  登山道に大きく根を張る古木。            山頂から新宮町方面の海岸線を望む。

 ●2006年9月25日、5年半ぶりに同じルートで登った。 *istD/16-45
        この日の登山は、山頂付近からの宮地岳線の撮影が目的だった→俯瞰撮影の魅力/在自山


境内から標高181mの宮地山が見える。
山頂には古宮址がある。


山頂付近から津屋崎を見る。

              


宮地山山頂。
                       

[福岡県の山歩き][次へ]