華山

げさん
標高713m

 神上寺の入口に、トイレ付きの真新しい駐車場があ
 り10台くらいは止められる。仁王門をくぐって石
 段を登る。寺の境内を抜けたあたりからが登山道。

 最初はコンクリートの階段、やがて、丸太の階段が
 あらわれる。頂上付近まで丸太の階段がある。勾配
 は緩やかであるが、この日は3月下旬並みの気温で
 結構汗をかいた。

 山頂付近はテレビアンテナが林立し、頂上は風が強
 かった。周辺の山々は、春霞がかかったようにぼん
 やりとしか見えなかった。
       

 山口県豊田町。   CAMEDIA E-100RS (2002.1.11)

 華山という名前に引かれた。県道262号が頂上のす
 ぐそばを通っているが、車で行ったのでは山歩きにな
 らないので、神上寺(じんじょうじ)から歩いた。

 山頂まで、歩行距離約3km、歩行時間約80分。


 gezan-zenkei.jpg (64034 バイト) gezan-tikamatu.jpg (81013 バイト) gezan-mon.jpg (66905 バイト)
 麓から華山の全容を見る。     近松門左衛門生誕之地の碑。    神上寺の仁王門。
                        出生地については諸説がある。      →石仏セレクション/神上寺の地蔵

             

 gezan-kadomatu.jpg (127753 バイト)

gezan-inu.jpg (206633 バイト)
このようにして、こちらが登ってくるのを待っていてくれる。はっきりとは確認できなかったが、メスのようだった。


神上寺はユースホステルを営んでいる。参道の石段を登っ
て行くと一対の門松がユースホステルの前に立っていた。
立派な門松である。とてもきれいだ。しかし、帰りに通っ
たときには門松は撤去されていた。

さらに進むと右手に本堂があり、登山道に入る。一匹の犬
がそばを駆け抜けて行った。しばらく行くとこちらが登っ
てくるのを待っていて、こちらの姿を確認するとまた走り
はじめる。この繰り返しが山頂まで続いた。ごほうびにパ
ンをあげると、2個ぺろりと食べた。

犬は下山する時もしばらく、つかずはなれずに歩いていた
がやがて姿が見えなくなった。寺に先に帰っていて、こち
らの姿を見ると駆け寄ってきた。すっかり顔なじみになっ
てしまった。また、いつか、この犬に会いに行きたい。

                 

[福岡・山口の山歩き][次へ]