花尾山

はなおやま
標高669m

 林道は市ノ尾川に沿って走っている。舗装はされて
 いるが狭いので、登山シーズン、特に、土・日曜日
 はバス停付近に車を置いて歩いた方がよい。

 林道終点の登山口から約1kmくらいまでは、市ノ
 尾川に沿っているので、絶えず水音が聞こえている。
 山頭火の「水音のたえずして御仏とあり」という句
 を思い出す。

 比較的緩やかな上りで歩きやすいが、頂上の手前2
 00mくらいの地点で視界が開け、ここからは急登
 となる。頂上は原っぱで360度の視界、2ヶ所に
 石垣が組まれ石仏が祀られている。
          

  山口県長門市。 CAMEDIA E-100RS (2002.1.18)

 花尾山頂には石仏がある。それが、花尾山へ登る
 動機だった。市ノ尾のバス停から橋を渡り、左折し
 てひたすら林道を進む。橋から林道終点までは車
 で5分以内。歩けば、20分くらいかかる。林道終点
 に3台くらい駐車できる。

 歩行距離は1.5km、所要時間は約50分。

             
hanao-tozanguti.jpg (92231 バイト)
登山口。
長門山びこ会の標識が立っている。
hanao-taki.jpg (69175 バイト)
ほぼ中間地点に滝がある。
         
hanao-sugi.jpg (88913 バイト)
1100mくらい登った地点に「おとずれ杉」、幹まわり3m超。

hanao-sekibutu1.jpg (65073 バイト) hanao-sekibutu2.jpg (44499 バイト)  hanao-tenbo.jpg (54028 バイト)
蔵王権現の石像。右の像には文応元年(1260)の銘が見える。 北西方向の長門市と深川湾を望む。
                          

[福岡・山口の山歩き][次へ]