檜原山

ひばるさん
標高735m

 正平寺本堂左手に登山コースがある。杉林の道を進むと分岐
 点があり、上りは左の道へ、下りは右の道から降りてくる。
 押別岩、針の耳と名付けられた岩を通り、左京の橋からは英
 彦山方面の展望が開ける。

 やがて、石祠が並ぶ上宮の広場に到着する。三角点のある山
 頂はさらに数分、山頂からの視界はない。

 下りルートは標識にしたがって進む。途中に、行者窟、弁天
 岩、天満宮岩などの行場がある。
 

 大分県耶馬溪町
 05.6.12 PENTAX*istD

 この山に関心を示したのは、「千本カツラ」というカツラの木
 があるからだった。檜原山へはついでに登った感じだったが、
 修験道の行場なども残っていて、なかなかおもしろかった。

 8合目付近にある天台宗正平寺まで自動車道があり、正平寺か
 ら山頂まで約30分。



正平寺本堂


押別(おしわけ)岩

上宮のある広場

行者窟(金剛窟)

[福岡・山口の山歩き][次へ]