平原岳

ひらばるだけ
標高395m

 宇部市小野の美保集落にある棚田のそばの登山口から
 は、山頂まではっきりとした道が付いていて、分岐点
 には立派な標識があり、道に迷うことはない。

 この登山道は江戸時代のからの道で、山の中腹にある
 宛木峠を越えて小郡などへ通じていたらしい。その宛
 木峠までは登山口から約25分。宛木峠から山頂まで
 は約15分である。

 山頂までは全く視界がないので少々退屈するが、山頂
 からは特に南側の視界が良好で海がよく見える。しか
 し、おとずれた日は真夏日で、暑さでかなり疲れた。
        

  山口県宇部市。  CAMEDIA E-100RS (2002.9.5)

 平原岳の麓にある棚田を見に行った際に、棚田の
  そばに平原岳への標識が立っていた。そのときは、
  ここが登山口なのかと思った程度だったが、その後、
 この山が宇部市で一番高い山だと知り、登ってみた
 いと思うようになっていた。

 棚田のそばにある登山口から山頂まで約40分。

              
hirabaru-tanada.jpg (92528 バイト) hirabaru-toge.jpg (80388 バイト) hirabaru-sancho.jpg (97303 バイト)
登山口付近の棚田。        伝説が残る宛木峠。    山頂からは周防の海は見える。
           

[福岡・山口の山歩き][次へ]