宝満山

ほうまんざん
標高829m

 宝満山へは太宰府市側からのルートが一般的であり
 竈門神社からの正面ルートと南側からの堤谷コース
 などがある。

 宇美町側からは、「昭和の森」から尾根道の三郡縦
 走路へ出て、宝満山へむかうルートがある。今回は、
 このルートにしたがった。

 「昭和の森」からの河原谷コースが快適な登山道で
 あり、尾根道も所々にブナの木も見られ、爽快感を
 感じる。雪が降った後で、凍結した箇所もあり少々
 歩きにくかったが、風がなく快適だった。
                     

  太宰府市。    CAMEDIA E-100RS (2001.2.3)

 太宰府天満宮の背後にそびえる宝満山、英彦山と
   ともに福岡県の修験道の霊場として、最盛期には
   300を越える宿坊があったとのことであるが、今
   は市民の憩いの場として親しまれている。

 宇美町の「昭和の森」駐車場から河原谷経由で三
  郡縦走路まで90分、さらに宝満山頂まで30分。


   homan-hyosiki.jpg (112003 バイト)   homan-buna.jpg (140980 バイト)
   雪の縦走路。右へ1km行けば宝満山頂。   縦走路に根を張るブナ。樹齢は100年くらいか。
             
   homan-iwa.jpg (85560 バイト)   homan-tyojyo.jpg (95188 バイト)
   山頂の花崗岩には文字が刻まれている。    山頂から志賀島方向をのぞむ。ややかすんでいた。
            

[福岡県の山歩き][次へ]