石峰山

いしみねやま
標高302m

  高塔山公園を出発してしばらくすると、左手に仏
  舎利塔が見えてくる。坂道を進むと、広大な高塔
  霊園に達する。霊園の南側からは洞海湾がよく見
  える。

  しばらく歩くと、石峰山への標識が立っていて雑
  木林の中の道に入る。ここからは、林の中の木漏
  れ日の道を歩く。坂道を登って一汗かいた頃、雑
  木林が切れて視界が開けると、頂上はすぐ。

  頂上は平らな広場で、北九州市消防局の衛星電
  波中継所が建っている。ここからは、洞海湾を隔
  て皿倉山を正面に見ることができる。

           

  北九州市若松区。2001.8.24 CAMEDIA E-100RS

  若松半島には低い山脈が東西に走っている。最も
  東にあるのがよく知られている122mの高塔山
  西にあるのが194mの弥勒山と220mの岩尾
  山、そして中央の最も高い山が石峰山である。
 
  高塔山公園の駐車場から頂上まで約3km、1時
  間。前半は車も通れる平坦な道、後半が山道。


     isimine1.jpg (82069 バイト)
     洞海湾越しに皿倉山を望む。

 isimine2.jpg (135887 バイト)  isimine3.jpg (72998 バイト)
 標高302mの白峰山頂。                   山頂広場には電波塔が建っている。

    isimine4.jpg (154920 バイト)
    対岸の都島展望公園より。
    右のかすかに鉄塔が見えるのが石峰山、左のかすんでいるのが弥勒山、岩尾山。
          

[福岡県の山歩き][次へ]