勝山

かつやま
標高361m

 勝山御殿跡をめざして進む。勝山御殿跡は発掘が行わ
 れていて、関係者の車が止まっているが、駐車スペー
 スは十分にある。さらに進み、大王寺分岐にも駐車で
 きる。

 大王寺分岐から山道へ入り、途中の標識で左の小道へ
 入ると、勝山への登山道である。山頂付近は勾配がき
 つい。

 山頂には木が茂っているが視界はよい。木が日陰を作
 るので、木陰でのんびりと景色を眺められる。
       

  山口県 下関市。CAMEDIA C-720 (2002.9.9)

 勝山という山名は城跡であることが多いという。
 勝山の麓には、大内氏の勝山御殿と呼ばれた
 城跡がある。

 大王寺分岐から山頂まで約40分。


 
 勝山御殿跡の石垣から勝山を望む。
        


山頂から南、電波塔が立つ青山。
         


山頂から西、新幹線が走る。
    

[福岡・山口の山歩き][次へ]