大道山

おおどうやま
標高419m
 平原の登山口から山頂まで車道を歩く。気温は30度を超え
 車道には日陰がないので、とても暑かった。

 歩き始めてすぐのところにため池がある。ため池から先は山
 頂まで視界がなく、ひたすら埃っぽい車道を歩く。

 登山口から約35分。山頂には東屋があり、気持ちのよい風
 が吹いていた。北には中垣内町中間地区の棚田が見え、少し
 右手の遊歩道からは東の視界がよく、石見空港や益田市街が
 見える。


 
島根県益田市 07.6.4 *istD

 現在の益田市は万葉歌人柿本人麻呂ゆかりの地である。大道山
 は、打歌うつたの山として人麻呂に詠まれているので、一度登っ
 てみたいと思っていた。

 石見の海打歌の山の木の間より我が振る袖を妹見つらむか
 

 

「ツキノワグマが生息しています」の文言が気になる。
 

登山道が埃っぽいので、ため池の水がさわやか。
 

山頂までつづく車道を歩く。
 

「人麿の打歌山わ此の山ぞ」の石柱。
 

中央が石見空港、右手に益田市街、正面は三隅へつづく海岸線。
 

[福岡・山口の山歩き][次へ]