平尾台1駱駝山

らくだやま
標高485m

 行橋方面から平尾台へのカーブの多い坂道を登り直
 線に入ると、平尾台自然の郷への標識が立つ三叉路
 がある。その三叉路の手前20mくらいの所に、光水
  鍾乳洞の小さな標識がある。

 草が刈られたはっきりとした道があり、丘の向こうに駱
  駝山と思われる丸い頂きが見えている。

 10分くらい歩くと道の分岐点に標識があり、右へ行くと
  光水鍾乳洞、駱駝山へは左へ進む。一つ山を越えると
  その先に駱駝山が見えてくる。分岐点から 駱駝山まで
  約20分。

        

  北九州市小倉南区 ・勝山町。 E-100RS (03.8.20)

 平尾台に駱駝山というおもしろい名前の山があり、山
  頂からは、龍ヶ鼻、石灰石の掘削場、貫山などが見え
  るという。なお、駱駝山という名称は、平尾台自然観察
  センターが業務上の必要から名付けたもの。

 平尾台を貫く県道から山頂まで約30分。



県道そばに立つ小さな標識。左上方が駱駝山。


まさに駱駝の背のような山の形。


駱駝山山頂、むこうに見えるのは香春岳。


台形の龍ヶ鼻、右手には石灰石の掘削場が見える。


駱駝山から北を見ると、貫山には雲がかかっていた。
                  

[福岡県の山歩き][次へ]