障子ケ岳

しょうじがたけ
標高427m

 勝山町からは、国道201号線から入る上野ルート
 と、県道64号線から入る味見峠のルートなどがあ
 るが、味見峠のルートを辿ってみた。

 味見トンネルできるまで使用されていた旧道を登り
 峠から標識にしたがって左に折れ、まっすぐに進め
 ば頂上に達する。途中、峠付近で2頭のイノシシに
 出会った。

 旧本丸跡の頂上は草地で、さえぎるものが全くなく
 360度視界が効く。頂上の広場は窪地になってい
 て、風よけになり快適であった。

 帰りは、途中から右に折れ、宮原の集落を経由し
 て県道に出た。
               

  勝山町。     CAMEDIA E-100RS (2001.2.9)

 障子ケ岳は、勝山町と香春町の境界にある。室町時
 代に足利氏の一族によって山城(障子ケ岳城)が築か
 れた。豊臣秀吉も九州平定後に入城したと伝えられ
 ているが、江戸時代に入ってすぐに、一国一城令に
 よって廃城となった。山頂付近には階段状に土が盛
 られた遺構がある。

 県道の味見登山口から山頂までは約60分。


   syoji-santyo1.jpg (94510 バイト)  syoji-santyo2.jpg (88102 バイト)
   北の丸跡から香春岳をのぞむ。          山頂から北の丸越しに龍ガ鼻をのぞむ。
           
   syoji-fukuti.jpg (93209 バイト)  syoji-ki.jpg (96012 バイト)
   採銅所の町並みのむこうは福智山系。               蛇が絡み付いたように見える木。
           

[福岡県の山歩き][次へ]