平尾台7塔ヶ峯

 とうがみね
 標高582m

吹上峠の駐車場から標高578m大平山(おおへらやま)を目ざす。登るごとに変化する平尾台の風景を見ながら、35分で大平山へ到着。大平山からさらに10分ほど進むと、左手に鉄のポールがあり、そばに踏み跡がある。ここを左へ進む。

テープを頼りに、一旦下って上る道を慎重に進む。30分ほどで山頂標識がある。ここを左へ10分ほど進むと「天狗の舞台」といわれる塔ヶ峯の展望台。

展望台からは、周辺の山は見えるが下は見えない。帰り道で、下が見えるところを見つけたが、もやっていたので日田彦山線は大平山の中腹で撮影した。

俯瞰撮影の魅力 日田彦山線/平尾台

                                               


 
北九州市小倉南区
 2013/6/6 曇り時々晴れ PENTAX K20D

 10年くらい前から行きたいと思いながら実現しなかった。
 行く道がちょっと分かりにくいというので躊躇していたが、
 塔ヶ峯から撮影された日田彦山線の写真を見て、ようやく
 行く決心がついた。

  吹上峠からゆっくりペースで85分。



塔ヶ峯への分岐。右手が四方台、正面が貫山。ポールのそばのやぶの中に道があり、少し進むと急な下り坂となる。
塔ヶ峯は標識が整備されていない。まるで登山者を拒んでいるかのようだ。かつては、このポールには標識が付いていたのかもしれない。 


石灰岩の間の道を進む。


分岐から15分のところに標識があった。右へ赤テープの方へ進む。


塔ヶ峯586mの木製のポール。ここを左へ進むと展望台。


塔ヶ峯展望台という真新しい標識があった。


山から下りて井出浦に立ち寄った。棚田のむこうに塔ヶ峯の山頂が見えた。


石原町駅付近から見た雪の塔ヶ峯。2014/2/7 EOS 7D/28-135


福岡・山口の山歩き次へ