徳地狗留孫山

とくぢくるそんざん
標高544m

 徳地町役場前の国道を北へ進み、佐波川を渡る。国道
 は左折であるが、そのまま直進すると法華寺に至る。
 寺の境内に駐車スペースがある。

 寺の右手を進むと、右手に石仏が立っていて左手に登
 山口がある。中国自動車道を陸橋で越えて左折すると
 すぐ右に登山道の石段が見える。

 登山道には、一丁(約100m)ごとに丁石と石仏が立
 っているが、失われた丁石もある。十五丁の丁石が霊
 場の入口で、登山口から約50分。

 これから先、巨岩に彫られた摩崖仏があらわれる。摩
 崖仏は風化が進んでいる。山頂は標高544mである
 がヤブで進めず、標高510mを山頂としている。
            

  山口県徳地町。 CAMEDIA E-100RS (2002.2.4)

 狗留孫山といえば、豊田町の狗留孫山が有名である
 が、徳地町の狗留孫山には観音霊場があり、大きな
 岩に観音摩崖仏
が彫られているという。石仏が見た
 くて出かけた。

 徳地町法華寺右手の登山口から山頂まで約90分。

                
tokuti-kuruson-kongo.jpg (58904 バイト)   tokuti-kuruson-tyoseki.jpg (76937 バイト)   tokuti-kuruson-reijyo.jpg (84347 バイト)   tokuti-kuruson-yamamiti.jpg (83732 バイト)
登山口の青面金剛像。 「三丁」の丁石と石仏。      十五丁石仏と霊場入口の石柱。石仏がむかえる登山道。

tokuti-kuruson-goeika.jpg (113773 バイト)   tokuti-kuruson-sekihi.jpg (71795 バイト)    tokuti-kuruson-peek.jpg (114192 バイト)
御詠歌が刻まれた大きな岩。           酒肉不許可の石柱。    標高510mの山頂の石仏。
                    

[福岡・山口の山歩き][次へ]