馬ケ岳

うまがたけ
標高216m

 県道34号線に出ている馬ケ岳の標識にしたがって
 進むと、二児神社の鳥居の前に出る。車道になって
 いる鳥居の下をくぐると、梅の花咲くのどなか雰囲
 気がただよっている。

 神社下の空き地に車を置いて、神社の石段を登る。
 二児神社は安産のご利益があるとか。社殿左手が
  登山道の入口になっていて、「史跡馬ケ岳城」の石
  の標識が立っている。

 山頂の本丸跡からは、西側の眺望がよい。馬ケ岳
  城は942年の築城、千年以上の年を経て、今は昔
  をしのぶよすがはない。日の丸の旗がひるがえって
  いる二の丸跡からは、東西どちらの眺望もよい。
             


  勝山町・犀川町。 CAMEDIA E-100RS (2001.2.22)

 現在の京都郡には、かつての山城が多い。障子ケ岳
 御所ケ岳、高城山などであるが、御所ケ岳の北東に
 位置する馬ケ岳にも山城があった。馬ケ岳には二つ
 のピークがある。山頂はかっての本丸跡、三角点の
 あるもう一方のピークは二の丸跡である。

 犀川町の二児神社の登山口から鞍部まで約20分。
 左は山頂右は二の丸跡、それぞれ5分以内で行ける。


  uma-ume.jpg (150320 バイト)
  登山道入口付近の民家に咲いていた紅梅と白梅。

uma-ninomaru.jpg (103804 バイト)
二の丸跡に立つ石仏と日の丸。


             

  uma-santyo.jpg (62344 バイト)
  山頂から西、障子ケ岳方面を望む。少しかすんでいた。
       

[福岡県の山歩き][次へ]